staub(ストゥブ)のココット、日頃、ご飯を炊かぬあたくしめが、炊いてみた。


前回の様子は、こちら。

そんなわけで、ハチャメチャになってしまったのよね。

しか~し、
結果は、意外にも、ちゃんと炊けてたのですよ。

ごはんって、どうやってもどうにか炊けちゃうもんだんだな。

なんて思い始めちゃっている。


ライン

今度は、夫に、ごはんを炊いてもらった。

果たして、あたしの腕が悪くて、吹き零れちゃったりしたのか?


我が家のコンロについている、
“自動ごはん炊きモード”
を使えるのか?

確認したく…
そして、staubでのごはんの我が家の炊き方を確立したく…


夫よ
レッツトライ!!


昨日、あたしがごはん炊きを格闘しているブログ記事を夫がみて、

「火が強すぎる」

と、指摘される。

でもさ、自動でスイッチオンしたら、その火加減だったんだよね。

と思ったらね、

着火するじゃない。
そうするとレバーが強火の方にいっちゃうから、定位置に、戻すらしい
21-11-22-21-37-16-250_deco

なるほどね。
そうすると、弱火からスタートするらしいよ。

staubのごはん炊きレシピで、蓋をあけたまま炊く方法と、
コンロの自動機能に任せて、蓋を閉める方式とがあるが、とりあえす、本日の検証は、後者



夫が休みで、忙しく家事をこなしている影響で、
若干、妻は暇でして…

自動で調整してくれる火加減がどんなもんか、ごはんを炊いている間、ずっと観察していた。

弱火からスタートし~、中火へ
湯気がでてきました。
21-11-22-22-38-11-011_deco

昨日のあたしの経験によると、ここで吹きこぼれてくる。

はず…


だが…




一向にでてくる気配がありませぬ。
21-11-22-22-32-27-859_deco


夫も、ある程度の吹きこぼれを予測していた。
鍋の形的に。

しかし、

いけちゃうんじゃない?

なムードとなる。


火がとまり、
蒸らしの時間にはいったご様子

そして、炊けたよ。の合図が。


さっ、中はどうなっているかな。

開けるよ開けるよ~
21-11-22-22-34-42-013_deco

じゃぁ~ん。
湯気がもわっとしたあとは~、
ピカピカのごはんができてましたぁぁぁ
21-11-22-22-35-17-006_deco


「お焦げ」具合はどうかな?

それがね、
全然ない。


staubと、自動ごはん炊き機能の見事なコラボだったのでした。

21-11-22-22-37-07-312_deco

いけるもんだな。



そして、今、あたしは夜中の勤務の休憩時間に売っている。

おにぎりを食べながら

21-11-23-04-52-15-470_deco

これ、そのstaubで炊いたごはんで作ったおにぎり。

おいしくいただいております。

あっ、お米もいいんだ。
新米、いただいてね。




我が家のお米生活は、充実したものになりそうです。


~完~



 \LINEで更新情報がとどくよ。/







3つぽちっと応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ