あかりちゃ~んに、イチョウ並木で写真を撮ってもらうために、
神宮外苑のいちょう並木の黄色具合を偵察に来ただけなのに、
イチョウの色づきが思っていたより進んでいて、今日しか写真を撮れる日はないな。と判断したあたし。


頑張って撮ってみるぅ?

と思うが、人、人、人である


無理だろ~~、写真なんて
Point Blur_20191205_182636

こんなところで写真撮っていたらご迷惑だ。

中には、入っちゃいけないよ。
という囲いの中に入って、ワンをそこにステイさせて、飼い主が寝転がって写真を撮っている。
という光景も見かけた。

が、

だめだだめだだめだ。

一応、こう見えてマナーは守るように心がけている(笑)

じゃないとさ、
犬連れ、だからだめなんだよ~
って、犬禁止のところがいっぱいできてもね。
54 1


ゆきちもさ、時々、立ちすくんでみたり、学生の団体さんが楽しそうにしているのをみていたり。
19-12-05-17-30-58-058_deco

神宮外苑は、楽しそうな人であふれているのだ。

あたしは、ウィークデーに行ったのに、これがお休みの日だったらどうなっているんだろうね。
イチョウ祭りの時なんてすごいんだろうね。


それでも、ゆきちは楽しそうに歩いていて、
ベンチに座っている人や、なにか食べてるテラス席の人に、時々、愛敬をふりまきあるく。
19-12-05-17-25-56-848_deco



わが家には、もういっぴちいますが~
その子はね、
血気盛んな感じなので(笑)、たかシェフにだっこされた。
19-12-05-18-31-58-975_deco


さっ、撮影撮影。

どこでとっても人は写り、ゆきちとまりちゃんだけがフレームに入る。ということはまずない。

なので飼い主はウエスティパーティの記念撮影を思い出し、
ゆきちを人がいないレベルまで持ち上げればいいな。

とさっそくやってみた。

あたしはさ、ゆきちを高々と持ち上げているイメージを描き、ゆきちの重さにひたすら耐えた。


その結果の写真がさ

これ
 19-12-05-18-02-14-632_deco

全然もちあがってないじゃないのぉぉぉぉ。

手は伸ばしているはずで、まぁ、ちょっとだけ曲がってたかな。というイメージだったけれど、全然、曲がってるじゃないのぉぉぉぉ。

それに、いらんもんがたくさん写っている。

だめだだめだだめだ。

あたしの頭の中のイメージは、こんな写真だったんだぞ。
19-12-05-17-55-26-440_deco
※モデル ブランカ君。

そういえば、あたくし、犬をかわいく撮る。というキャノンの写真お教室に通ったんだった。

先生、あちこち行っちゃう犬とか、何かにいれちゃうといい。

と言っていたのっけ。

バギー持って来いじゃない。

ってことで、バギーにのせた。

さっ、写真とるぞ。

と思うが~

気が散りまくっている犬。
こっちなんて向きやしない
19-12-05-18-22-29-978_deco



せめて、2ぴき、同じ方向を向こうよ!!
19-12-05-18-23-27-105_deco

なんとなく、同じ方向は向いたが、
19-12-05-18-24-03-613_deco

イチョウの黄色足りないよねぇ。
隙間。
それにピンボケ。


それでは、
まりちゃんに集中。
なんか残念
19-12-05-18-25-17-638_deco
リードがからまりまくっとります(笑)



難しいな


笑わないまりちゃん。
19-12-05-18-25-43-590_deco



19-12-05-18-24-31-517_deco


ゆきちも、毛・・・。どした?ツンツンしているぞ。
19-12-05-18-09-27-786_deco

みなさんにとって、残念な写真かもしれないのだが、あたしはこのゆきちが好きだ。
口、かわいいし~
このツンツンは、バギーの中であばれちゃって、コスコスしてこんなになっちゃったんだ。
それがクスクスなもんで。
この写真のゆきちは好きなのだ。



ふと、気が付く。
まず、このいっぷう変わった感性をがだめなんじゃないのか?
感性なんてさ、そんなに変えられるものじゃないしさ。
要はさ、やっぱりあたしは、写真撮れない人なんだと思うんだ。



あかりちゃ~ん、来年は絶対、一緒にいちょう並木を闊歩しようねぇ。
それも、早朝ねぇ~~






この後、ドッグランに行って走って、急遽もらったお休みは、とても楽しく過ごしたのでした。


 \LINEで更新情報がとどくよ。/







3つぽちっと応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
 

 












【関連写真】

写真教室に行った事。失敗だったんだよねぇ