今日は、病院の日だよ。

定期的に行っているのでねぇ。

待ち時間のゆきちである。
19-08-31-11-37-36-129_deco


え~~~、隔離されとります(笑)
ゆきち、待合室で大騒ぎしました1542996あ~う~

大型犬ちゃんが、いまして。
飼い主としては、お近づきになりたいような立派なワンコでした。

が、

ゆきちが大騒ぎでそんなことできぬ。


それにね、ウエスティちゃんもいた。
が、
ご挨拶中に騒ぎはじめたので、退散・・・。

もう~~~
せっかくのチャンスを~~~~1542996あ~う~



さて、本日の受診はどこかが悪くなったからではない。
定期受診。

自慢じゃ~ないが~
今回はどこも悪くないぞ。46144b23.gif


前回悪かった
脇の下ももう治った。
ぐるぐる巻きにされただけあって、他にとびひせずに治った。

すでに前回受診時に悪かったところは治った。とブログで報告済である(笑)





油断はまだまだ禁物なのだが、

いや~、今年の夏は、これでも総合的にみて

皮膚、よかった!!








アトピー自体はなかなか治るもんではないので、それはおいておいて。
それに合併するといいましょうか~
膿皮症は、ひどくなく過ぎた。
ちょこっとボツボツでたが、あっという間に治った。

ゆきちが産まれてから、3年間。
抗生剤ばっかり飲んでいたように思う。
しょっちゅう、抗生剤が処方され、ステロイドを飲めと言われたり。
しかし、よくならなかったのだ。
抗生剤を飲んだ直後くらいは良い。
が、
お腹をこわし、下痢が続き、
下痢がやっとおさまった頃には、また皮膚が悪くなり、抗生剤が処方され・・・
を繰り返してきた。

シャンプーしたってよくならず。
飼い主は、シャンプージプシーに陥った。
人間でいういわゆる“アトピー商法”にはまった。いいといわれるものを買いまくり、諭吉・・・飛んでいく。

ゆきちの名前は、治療費で「福澤諭吉」が飛んで行かないように、ゆきち。とつけた。
ゆきちは、
『しっかり身につけといてよ。=病院には行かないでよ。』
という深い(?)意味がある(笑)。

アトピー商法にはまって買ったもは、一時的によくなった気もしてしまうんだよね。
そんなもの薬とかそんなものが効いていたわけではなく、一時的によくなった時に、あたらしい何かがたまたま偶然的にあっただけで、その物自体に効果があったわけではないのだと思う。

足の裏も、しょっちゅう、こんなぷんぷくりん。だった。
38 1

今思うと、すごいよね。このぷんぷくりん。

今は、こんな風にはならなくなった。


去年の末に皮膚科の病院をかえた。


ら、
随分と皮膚のコントロールがしやすくなった。
そして、いよいよ皮膚ダメダメ時期を迎えた。

が、

背中には膿皮症発症せず。
19-08-31-12-25-16-818_deco

脇の下にもできたが、1週間もかからずに改善。
そんなもんかな。
口のまわりとか鼻のまわりもできたりしたが、それも軽症で。

去年までとは比べ物にならないくらいに、あっさりと乗り切った気がする。
抗生剤を飲む危機には陥らなかった。
ゆきちの犬生始まって、抗生剤を内服しない最高新記録を更新しつづけている。

診察では丁寧に皮膚のケアをしてくださり、
おうちでのケアの方法のアドバイスをうけた。

お薬も大事だが、皮膚はケアが必要。と教えをうけた。


ウルトラマイクロバブルで足を洗いまくった。
まぁ、足だけじゃなくて、ブツブツができたりしたら、このお水でよくながした。
病院で、このお水を買ってくるのだが、
わが家のシャワーヘッドもこれだった事を知る。(笑)
が、疑問が残る。(下記参照)
その当初、一番粒子が小さいのを買った事は確かだ。が、あれから5年は経っていようか・・・。もっと技術は進み細かくなったのかな。




ゆきちに合うシャンプーがまず見つかった。
ゆきちの皮膚は脂ベトベトだ。というので、そのシャンプーを使った。
今まではアトピーは皮膚が弱いから、弱めのシャンプーを使う事が多かったが、それもゆきちには、あんまりよくなかったんだな。

素人にはわからないんだよね。
今、ゆきちに皮膚は、
乾燥しているのか、あぶらっぽいのか、悪い感じなのか、良い感じなのか。
そこは、先生のいっぱい皮膚を見ている先生の目が必要で、的確な診断があってからこそなんだよね。

あたしには、ゆきちの皮膚はあぶらっぽくは見えなくて(笑)
しかし、脂だったらしいよ(笑)


そして、定期的な薬浴
悪い時だけではなくて、定期的に施行することで予防にもなるらしい。
薬浴反対派だったけれど、人間の文献でも、海外ではアトピーの子にブリーチバスがあるらしい。というのも読んだので、そんなに悪い事じゃないんだな。と知る。

あとは、処置の仕方で、広げないような消毒の方向とかね。
そんなものがあるんだな。


あとは~、定期的に通っているので、先生がちょっと悪くなそうなところをいち早く見つけてくれるので、症状が軽いうちに対策が練られるので悪くならなかったんだな。
とびひしないようにぐるぐる巻き(笑)
19-08-13-12-34-42-521_deco
このあと、あっさり治る。

今日は、また洋服を買ってきた。このお洋服もよかったのだと思う。
20190831113952_IMG_4386
これ、めずらしくネットで売っているのをみかけた。が、高かった。
あたしは、保険もきくので良心価格で手に入っていますが~

常にこれ、着ていたな。
カレンダー作成のシーズンに入ってきましたが、カレンダー作成のお話おチラホラいただいました。が、このお洋服を常に来ていて~、写真がないっ(笑)


雑談も含め、今年の皮膚を振り返りましたが~

まぁ、今年の夏は乗り切れた気がする。





なんて浮かれていたら、先生、歯を見た。
歯石がいっぱいついている。と。

えっ、そんなはずないですよ。
一か月前まで綺麗だったもん。


そっ・・・
あたくし、歯石除去の時に、歯がそんなに問題ないと言われていたので、
歯磨き…、まったくしませんでした。
それまでも、磨けているんだかよくわからないあたしの歯磨き。それでも歯石はつかなかった。ということは、ゆきちは歯石つかないんだな。と、歯磨きしなくても大丈夫。と思ってしまった。
ら・・・。
ものすごい歯石だ。
犬歯のところも。

すぐに油断をする。
歯の先生が、
「10秒でもいいから毎日みがけ。」
と言っていた。
全くやっていない。だって、歯石除去に来ているお方に歯磨き事情をきいたら、歯磨きやってない。っていうから、じゃ、いっか。とすぐに楽な方に流れてしまった。
早く歯石除去の日がこないかな。
もう改心して歯磨き、ちゃんとするから、とりあえず一度リセットしてくれないかな。という・・・。
ごめんよ~、ゆきち。



歯のビフォーをとっておこうと思ったが、撮らせてくれぬ。
20190831112329_IMG_4377


しょぼ~~ん。
やるべきこと、
ちゃんとやらなくちゃだめなんですよ。

でも、世の中のワンコって、そんなに歯磨きちゃんとしているものなのかな?(笑)






それにね、朗報も聞いたよ。

なんやら良さそうなお薬が発売されるらしいわ~いわ~い

注射みたいだけれど、一か月に一回打てばいいみたい。

実際にドイツでその治療を受けたワンコが治ったらしい。
高い。といっていた。

「7000-8000って言っていたかな。」と先生が。

あ~、一か月そのくらいの注射なら治療するわぁ~~~

と思ふ。余裕余裕くらいな(笑)

だって、ブランカ親ビン、お目目の注射2週間に1回7000円で打ってたもの。


:1か月7000-8000円なら~、どうにかなりそうですぅぅぅ

先生:いや、ユーロよ。

と。
その時は、まぁ、高くてもそんなに手が出ない。って事はないよな。と軽く考え、ただいま、ブログを打つのにいくらくらいなんだろうと調べてみた。

7000ユーロ→ 81万円

Screenshot_20181020-202329_LINE


ムリだろ~~~

完全に無理だろ~~~~~






 \LINEで更新情報がとどくよ。/







3つぽちっと応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
 

 





\お世話になってる美容皮膚科。どうぞご贔屓に
o0800053313335194055












【関連記事】





本文中に、我が家のもウルトラファインバブルだった。と書きました。
が・・・。
過去のブログをさかのぼってみると、マイクロナノバブル。と書いている。あれ、今は技術が進歩したのかな。