本日のブログはいつも以上に、あっちの話題、こっちの話題にいきます。


ゆきち君、今日は病院でしたぁ~

気が重い病院・・・。

なぜならば、
足の腫れが悪くなっているから。

どうしてかというとね、


旅行へいったからだよ~!毎回、旅行へ行くと皮膚は悪くなるんだぁ。


という表向きの理由もある。
たぶん、なんか環境因子が関連しているのだと思うのですが、芝関係のところに行くと悪くなる感じがしている。
が、軽井沢いったよねぇ~
芝・・・なかったよねぇ。


環境がどう影響しているのかな・・・。してないんじゃないかな。



あと一つ悪くなる要因。

ゆきち、前肢にむかって“ちっこ”かけるから

 ほら、こんな風に。足めがけてちっこをしている。毎回、前肢はびしょびしょになる。
 18-11-12-18-25-42-887_deco

ね・・・。
これで、ゆきちの足は悪くなったんだよ~~ そだそだ




と、

責任逃れをしているが~
苦しい・・・


本当の理由は~

飼い主がサボったからだよ。足のケアをサボったからだよ。
いつもは、炭酸水4㍑をチビチビ使っても、次の診察まではもたないのに、今回2㍑もあまっちゃったからねぇ。

毎日のケア、時間も費やすし、ゆきち嫌がっていやいやしているうちに水が全部こぼれちゃってびしょびしょになったり、
一人でやるのがえらく大変で~

それでも、ちょっとずつしかよくならず、
やっと結果が見えてきたかなぁ~
という時に、ちょこっと目を放した隙に足をぺろぺろして、10分もペロペロすれば、また、足は戻ってしまう。

ゆきちのペロペロは、かゆかったりしなくても、間がもたないとペロペロする癖もある。
エリザベスカラーをずっとしているのは気の毒だ。とはずしてあげて、うっかりうたた寝しちゃうと、今までチマチマやってきたことが水の泡となるのだ。

もう一度言わせておくれ、
のべ何時間にも渡ってケアしてきたことが、ものの10分でもとに戻るのだ。

Screenshot_20190625-135049_LINE
LINEスタンプ キキぷりさんのはな子シリーズよりお借りしました。




そして、たかシェフはいう
「そうだよね、やらなくてもいいよ どうせ元通りになるんならやらなくてもいいよ」
と。

はぁ

とうとう言っちゃってね。それ・・・。


えっと、石原良純さんと、長嶋一茂さんと、高嶋ちさこさんの、番組みたことあります?
それで、
「妻のトリセツ」について話していた回、見た方いらっしゃいます?
ちなみに、あたしは、夫にこの回をわざわざテレビの前によんで見ていただきました。




この本の理論による

「夫が妻を絶望させるセリフ5選」
第1位。
「だったらやらなくていいよ」たかシェフのおうちごはん。-des_08_60_002_m.gif
理由:家事が大変だと訴える妻に言うと、「君がいつもやっていることは、僕にとってはそれほど重要ではない。やらなくても気にならない」と聞こえる。


たかシェフの述べた言葉を振り返ってみよう。
理由を含めて全部述べている。

「そうだよね、やらなくてもいいよ どうせ元通りになるんならやらなくてもいいよ」


診察中、いじけの極致に陥るところだったが、
あたしがやる気を見出す出来事があった。


前々から、あたしはここの先生が好きだ。というか、感覚が同じだ。と思っていたが、

今日もそんな事に触れられた


まず、今回の状態を報告いたしますと
足の裏は腫れに腫れていてー、肉球の裏のしわの間には、膿がたまっとりました37c4af80.gif



先生、
丁寧に丁寧に時間をかけて処置してくださったんですよ。



その様子が伝わるゆきちをみてみますぅ?

帰りの車の中のゆきち。




じゃん。
52 1



先生にやられた(笑)



これ、見覚えありません?



ほら、
このゆきち君
LRM_EXPORT_20180118_203040
あたしが、過去に施した「なめない対策」

先生が、やったのと似てるよねぇ(笑)

ペロペロ舐めるので脱げない靴下を考案中してたんだよねぇ。

靴下は、キュッとしめないといけないから、血流悪くなってしまうし、脱げるし。ということで、考えて考えてた“ぬげない靴下”


ゆきちがかわいそうだ。とコメントやメールで言われた事もあった。
18-02-02-20-38-10-144_deco

結局、あたしの案では、
靴下ぬげちゃうんですよ。

それで、やめちゃって、犬用の靴下にマジックテープでとめる。という方法にもどった。

しかし、確実性はなくて、靴下はいてエリザベスカラーをするという・・・。

エリザベスカラー、鬱陶しいだろうから、靴下ですめばいいな。と思う。
ゆきちにも、飼い主の心も救われるというか・・・。


先生が、これも持ち出してきた時、
20190625100932_IMG_4018

あら・・・。

あらららら~

と一気にやる気がでたぞ。


使う材料は、あたしと一緒であるが、
プロはどのように使うのか、非常に興味深々だった。


貴重な診察時間を使って、先生チョキチョキ。
19-06-25-14-08-24-373_deco




途中経過は、
企業秘密かもしれないから(笑)、割愛して、

ほぼできあがってきたとこらからどぞ。


靴下はくまでも、ガーゼまいてもらったり
丁寧に処置してくださって、
その上に靴下ね

19-06-25-14-20-14-683_deco

まぁ、
ゆきちも経験あるだろうから、そんなに
「なにされちゃうんだろう」感覚は、ないと思うよ(笑)

リラーックス()
19-06-25-14-25-06-927_deco

ちゃんと、滑り止めらしきものもつけてくださっている。

これで出来上がりだと思いきや、

経験者の立場で言わせていただければ
どうやってか
脱ぐんですよ。

これでも!!


先生の処置は、まだ続いた!
さすがだ。

ほら、チョッキつき。

19-06-25-14-37-56-608_deco

これでも、
飼い主的には

ブラボー

なのではあるが、

まだ、続く。


靴下と簡易チョッキを結ぶ。
46 1
そうなのそうなの。
靴下、すっぽぬけるのよ。

先生も
「足抜け」
という言葉までできていたから、長年の試行錯誤されていたのかな。

ということがうかがえた。


最後にコーバンをまく。
Point Blur_20190627_081844

お外歩くのにね。


完璧でございます。
19-06-25-14-26-56-668_deco


塗り薬も処方されたけれど、


「皮膚のケアをちゃんとしないと」
と。

今までいった病院は、お薬だけ処方されただけだ

ったけど、

いまのところ、ゆきち、抗生剤も飲んでないの。

抗生剤のまない最高新記録でございまする。
おさぼりしてた、足の裏もがんばるぞー。








 \LINEで更新情報がとどくよ。/







3つぽちっと応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
 

 




\お世話になってる美容皮膚科。どうぞご贔屓に
o0800053313335194055



【ふと、思う】
ここの病院は、ちゃんと皮膚ケアを、教えてくれるけれど、他の病院は軟膏をひたすら処方するだけだった。

でも、獣医さん忙しいし、ケアを行うまではなかなかできないのかなと。


人間の場合は、皮膚専門ナースがいるんですよ
先生の力を借りないで治るものをみてくれる
軟膏とか、なんか薬が必要な場合は皮膚科の先生にみてもらうけど、その他の場合、皮膚専門のナースが処置方法を指導してくれる。
犬も、そういうナース的な人がいればいいんじゃやいかなぁ。
あたしもなにかできないかなぁ。と思うのでした。


【関連記事】
脱げない靴下開発の様子
後ろ脚がむずかしいんですよね。先生、後ろ足の手段もなにかあるのかな。