おっはよ~、ございます


今日は、ちと真面目記事からなのですが、すみません。
いま、あたしの頭の中は、ゆきちの皮膚を直す事で頭がいっぱいでして、この事に関しては書くこといっぱいで、油断したら、これだけを書くブログになっちゃいそうでぐぐぐっと抑えてます(笑)

たま~に、こんなの記事にもお付き合いくださいませ。


■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ 


ゆきちの漢方をはじめて効果がないことにかっがりしていた飼い主。

そもそも、
漢方って製品になっている漢方
と、
煎じてなんたら・・・なイメージがある「たっかい漢方」
と。


もう何をしていいのかわからなくなっている飼い主は、良いものと悪いものの見分けが付かなくなっている

なので、たっかい方が効くんじゃないか。的な考えてに陥っていた。

そもそも、世間でいう劇的な『お買い得』は、ないと思っている。
お値段通りの価値だと思っている。

お値段以上ニ○リ

というが、お値段通りだと思っている。

100均も、100均クオリティーだと思っている。でも、潜在意識の中でそれを許しているというか。100円だからいっか。みたいなのが働いている気がしている。

そういえば、保険会社のいとこに、
:お得な保険はない?
と聞いてみた。
ら、
「そんなものは実はないよ。お値段通りだよ。」
と言っていた


そうだと思う・・・。


しかし、
お値段の価値はないのに、やたらぼったくってるものは存在する。そこは見分けなくてはいけない。という認識ではある。


まわりくどくなったが、自分の判断がつかないもんだから、高い漢方は効く。と値段で判断したわけである


高い漢方を飲んで3か月。
高かったんだから、効いておくれ。効かないはずがあるまい。

と、飼い主は飼い主自身に洗脳している。

そして、漢方のお医者さんの話を聞くと妙に安心し、効く気もしてしまう。

症状全然よくなってないと思って診察に行ったのに、漢方のお医者さんに
「よくなっているよ」
と言われれば、よくなってる気がした。


ふらふらと洗脳させられそうなところであるが、そこは医療関係者の飼い主、現実に戻る。
※これについては、あとで洗脳ではないことをのべまする。

ちと待てよ

きいてないだろ~~
これは明らかに悪化だろ~~~

と。

そして、いろんなところから情報収集をした。

まず、この漢方がなんぞや?と
そもそも成分を教えてくれない。

同じ病院に行っているらしき人に、この薬を飲んでいたか聞いてみた。
それと、ネットでいろんな人のブログを探してみたりした。
あたしが調べたところによると、この病院に行った方は
みんな同じ薬を飲んでいるような気がしていた。
20180619_141428


漢方って、体質的なものがあって、合う漢方と合わない漢方があるでしょ。

それなのにみんな一緒でいいの…か…?


と。

癌の子も、腸の子も、皮膚の子も。

自分も漢方外来に通った事がある。
その当初は診察3か月待ちの某大学病院の漢方外来。大人気。
ベロみたり、脈触ったり、お腹の固さみたり、いろんな事して合う漢方をみていた。

が、ここの漢方は入門はみんな同じだなような気がしていた。

要は、どの病気も免疫を上げなくてはいけないからそれで同じなのかもしれない。

が、そこは勉強不足のあたしは、成分もわからないので調べようもない。


これは、別の話だが、とある有名皮膚専門病院。
わりと皮膚が治っているという噂を聞く
ここに行こうと思った。
が、
おっかしい~~。絶対におっかしい~~
とHPから感じられ行く事に躊躇していた。
他の犬仲間から、情報収集する。
みんな一時的に治っている。すぐに。
そんな薬~、ステロイドしかないだろ~~。と思うのである。
そこのお薬は、スペシャルブレンド的な感じだった。
成分は教えてくれないらしい。
でもステロイドいれてるだろ~~。と思うようなエピソードを多々聞く。
で、そこの先生に思い切って質問をした方がいる。
やりとりは割愛いたしますが、印象は、「ステロイド入っているな。」
と。
で、その病院に行くのやめた。
飼い主は、すぐに症状がなくなると名医と言ってしまう傾向にある。
強い抗生剤を使ってみたり、ステロイドを使ってみたりすると、症状は一時的にすぐによくはなる
しかし、長いスパンで考えると、強い抗生剤を使う事は、耐性菌が付く要因ともなるし、ステロイドはよく効くが、副作用も強い薬。

ゆきちの場合は、そんなにすぐによくなる疾患ではない。
長い事、時間をかけてゆっくりゆっくり症状を抑えていく疾患。

そういう特性を踏まえて行かなくてはいけない。
なので、すぐに治る事を求めてはいけない。


というわけで、成分がわからないものを飲ませる。という事がどうしても飼い主的にはひっかかって、常にそわそわ感があって。

落ち着かなかったんだよね。


そして、漢方の先生はちゃんと言っている。

一ヶ月で効果が出ることが目安

「その子の体質から病気の原因がわかったら、平均一ヶ月分の漢方を処方いたします。今まで治らなかった慢性疾患でも、一ヶ月経てば必ずなにかしらの改善がみられるはずです。

 

改善がみられた場合は、再度ご連絡いただくスタンスでやっています。」


ね・・・。
改善がみられなかった飼い主は、連絡しなくてもよかったのだ。



要は、ここの漢方で合う子は、ちゃんと治っている。

ゆきちは、この漢方が合うタイプの子ではなかった。ということだと思う。
体質により、合う合わないが漢方にあるもんね。


すぐに効かないからといってやめてしまって、いくつもの治療に手を出して、治療ジプシーになることを避けようと思っていてとりあえずは、半年くらいは。って思っていたけれど、一か月でる程度は見えるんだ・・・。

で、もう一つ、もともと行こうと思っていた漢方の町医者さん。
先日、行ってみた。

で、聞いてみた
「どのくらいで、効果って現れるものですか?」


そしてたら、
一か月。

って。

この先生も一か月。たっかい漢方の先生も一か月。

ということはやっぱり一か月でなんらかの効果はでるんだな。




とある動物好きのあるお方(ブログにのせていいかわからないので、リンクは控えますが)、猫ちゃんに漢方をはじめた。

ら、
少しの変化があったと。

え・・・。


ということで、ゆきちの漢方のお医者さんを変えてみてることにしたのでした。
24 1



続。







\LINEで更新情報がとどくよ。/







3つぽちっと応援していただけると嬉しいです



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
 

 











\お世話になってる美容皮膚科。どうぞご贔屓に
o0800053313335194055
紹介します! 施術内容によっては、15%オフとなります。
ここから
 プリントアウトしていただいて、紹介者のところに、『たかシェフのおうちごはん。のしょうこ』とご記入してね