桃のレシピをさがしていたところに、昔、他のブログにアップしていたものがありました。

“ノリタケ”

のブログを書かせていただいていたのですよね。

ノリタケさんの食器を使って、盛り付けをして。

楽しい体験でしたぁ。

ノリタケさんのブログはもう今は閉鎖(?)してしまったのでほぼ目につくことはないと思われ~
桃がかわいかったので記事をこちらに引っ越してみました。


ライン


d0154316_8202127



材料

d0154316_820459


+桃  3~4個
+白ワイン 150ml
+ライム 1/2個
+砂糖 250g
+水 1L
+黒こしょう10粒
+八角1個
+ミント10本
+生姜スライス1枚



桃のコンポートは、あんまりおいしくない桃やガリガリした桃にあたってしまうと作ります。

そして、その時にあった材料で作るので毎回同じコンポートではありません。

今回はミントがあったのでそれを使って。

 
 ミント、何につかったんだっけ
はてなマーク




作り方



まずは、桃を湯剥きする
d0154316_8211144




お湯に、砂糖、白ワイン、ミント、八角、ライムをいれて
d0154316_822573



湯剥きした桃をそこに入れます。
d0154316_8221975


今日は、丸ごと桃と半分に切った桃が入ってます。

5分沸かして、火を消す。ゆっくり冷ましてできあがり。
d0154316_8222888





d0154316_8223798


アイスクリームと一緒に持ってみましたぁ

ミントのすっとした感じがさわやかでおいしいデザートです。

昔はミント味が嫌いだったのですが、歳を重ねるにつれすっとした感じがいいな。って思うようになりました。



------------------------------------------------------
今日のお皿は・・・
ポートショアのシリーズ
 
 ティーポット

------------------------------------------------------













\LINEで更新情報がとどくよ。/







3つぽちっと応援していただけると嬉しいです



にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
 

 











\お世話になってる美容皮膚科。どうぞご贔屓に
o0800053313335194055
紹介します! 施術内容によっては、15%オフとなります。
ここから
プリントアウトしていただいて、紹介者のところに、『たかシェフのおうちごはん。のしょうこ』とご記入してね






■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■  
余談・・・

今、振り返ると、

まじめにやっていたな。

と思うのでした。

自分ではわかる感じで・・・

今、この写真を撮れなくて・・・。あたしは写真が苦手で、この写真はえらく努力をして時間をかけてとったものなんだな。
その時できるあたしの技術を一生懸命に使ったんだな。と思う・・・。

料理ブロガーって、大変だと思う。


写真とって、料理の行程を書いて。

照明つかってみたり、レフ版つかってみたり、たかシェフとあ~じゃないこ~じゃない。と薄暗い我が家でよくやっていましたぁ


ホワイトバランスも知らない時代でして、いいお皿って、青く映る傾向があると思っていて、このお皿も青くなっちゃって大変だったな。

加工ソフトの使いかたも知らないしなので、ノン加工。文字だけいれたのでした。

時間かかったぁ~

そんなことを思い出したのでした。


あたしが、退職したら、料理ブログをする予定。


きっと、時間もいっぱい余っちゃってるだろうしね。

今は、さささっとブログをアップするのが精いっぱいですが、老後は、また、たかシェフとあ~でもない、こ~でもないと言いながら、写真を撮ってアップしようと思います。

喧嘩しない程度にね(笑)


料理の盛り付けも、たかシェフが盛り付けたものを


:これ、いらないや。ポイッ(-_-)ノ⌒

と葉っぱを撮ってみたり、盛り付けたものの数を減らしてみたり、そんなことを平気でし、


:なんだよ~~~ぉ~~


って若干の不穏な空気が流れたりね。

レシピ書くのに、


:もっとわかるように言ってよ。

とか注文つけたりして


:分量なんて言わないよ。それでまずくなっちゃったらやだもん。鍋の大きさとか、材料の大きさも指定しないと同じようにはならないよ


なんて毎回いう・・・


なにをぉぉぉぉ~


っと思ったりねぇ(笑)




老後は、そんな取っ組み合いをしながらやっていけたらな。と思いながら記事を転記していました。


その頃までブログ続くかな?

細く長くやっていこうと思うのでした。